Welcome Guest 
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新 あきら様のブログ
あきらのページ見るって事は暇しとんの?ブログ
ランキング参加用リンク
カウンター
累計:
本日:
昨日:

xen

サブカテゴリー

XenServer 作成
【環境】
(※VMware Workstation 8 上で作成し、Intel VT-x/EPT または AMD-V/RVIを仮想化 にチェックする)
 XenServer無償版(※XenServer-6.0.0-install-cd.iso)
 XenCenter


【仮想マシン作成】
XenServerの用意
 メーカホームページからXenServerの無償版をダウンロードするをダウンロード
 ※検証時は、XenServer-6.0.0-install-cd.isoだった

デスクトップ上の VMware Workstation のショートカットをクリック

ファイル - 新しい仮想マシン をクリック

新規仮想マシンウィザードへようこそ
 カスタム(C) を選択
 次へ

仮想マシンのハードウェア互換性の選択
 Workstation 8.0 を選択
 次へ

ゲストOSのインストール
 後でOSをインストール を選択
 次へ

ゲストOSの選択
 Linux を選択
 他のLinux2.6.xカーネル 64 ビット を選択
 次へ

仮想マシンの名前
 仮想マシン名 ⇒ 適切なものを入力
 次へ

プロセッサ構成
 プロセッサ数⇒4
 プロセッサごとのコアの数⇒1
 次へ

仮想マシンのメモリ
 この仮想マシンのメモリ⇒8192
 次へ

ネットワークの種類
 ブリッジを使用 を選択
 次へ

I/Oコントローラの選択
 LSI Logic(L) を選択
 次へ

ディスクの選択
 仮想ディスクの新規作成(V) を選択
 次へ

ディスクタイプの選択
 SCSI(S)
 次へ

ディスク容量の指定
 ディスクの最大サイズ(S)(GB)⇒120.0
 今すぐ全ディスク容量を割り当てる(A)⇒チェックする
 仮想ディスクを単一ファイルとして格納 を選択
 次へ

ディスクファイルの指定
 初期値のまま
 次へ

仮想マシンを作成する準備完了
 ハードウェアをカスタマイズ
  プロセッサ - Intel VT-x/EPT または AMD-V/RVIを仮想化 にチェック
 閉じる
完了
※仮想マシンが作成される

【XenServerインストール】
_樵曠泪轡鵑寮瀋蠅鯤埆犬靴泙
 ハードウェアタブ - CD/DVD(IDE)- ISOイメージファイルを使用する - 参照
  ダウンロードした XenServer-6.0.0-install-cd.iso を選択
 OK

△海硫樵曠泪轡鵑鬟僖錙璽ンにする

Select Keymap
 jp106
 OK

Welcome to XenServer Setup
 OK

End User License Agreement
 Accept EULA

Virtual Machine Storage
 sda にチェック
 OK

Select Installation Source
 Local media
 OK

Supplemental packs
 No

Verify Installation Source
 Skip verification
 OK

Set Password(※rootユーザのパスワード)
 Password ⇒ 適切なものを設定
 OK

Networking
 Static configuration にチェック
  IP Address ⇒ 適切なものを設定
  Subnet Mask ⇒ 適切なものを設定
  Getway ⇒ 適切なものを設定
 OK

Hostname and DNS Configuration
 Manually specify にチェック
  適切なホスト名を設定
 
 Manually specify にチェック
  DNS Server 1 ⇒ 適切なDNSサーバのアドレスを設定
 OK

Select Time Zone
 Aisa - Tokyo
 OK

System Time
 Using NTP
 OK

NTP Configuration
 NTP Server 1 ⇒ 適切なNTPサーバのアドレスを設定
 OK

Confirm Installation
 Install XenServer

Installation Complete
 OK
※自動で再起動する

【XenCenterインストール】
XenCenterの用意
 メーカホームページからXenCenterをダウンロードする
 ※XenCenter 6.0 Windows Management Console - Japanese & Simplified Chinese
 
XenCenter用として、VMware Workstation 8 上に Windows 7 home Premium を用意し
 ダウンロードしたXenServer-5.6.1-fp1-XenCenter-Japanese.msiをデスクトップにおく

▲瀬屮襯リックして実行

セットアップウイザードへようこそ
 次へ

インストール先フォルダ
 インストール先 ⇒ 初期値のまま
 対象ユーザー ⇒ すべてのユーザ
 次へ

インストールの準備完了
 インストール
 (※ユーザアカウント制御が表示される場合があるが はい をクリック)

セットアップウィザードは正常に完了しました
 完了

XenCenterの起動
 XenCenterのショートカットをダブルクリックする

XenCenterで定期的にXenServerやXenCenterのアップデートをチェックしますか?
 ⇒ はい
 
【サーバの追加とライセンスファイルの適用】
新規サーバーの追加 をクリック
  サーバ ⇒ XenServerのIPアドレス
  ユーザ名 ⇒ root
  パスワード ⇒ 上記ユーザのパスワード
 追加

ツール - ライセンスマネージャー
 License Manager で、アクティベーション必要なサーバーを選択する
  無償のXenServerのアクティブ化
   アクティブ化キーの取得

Free XenServer Activation
 Acitivation に同意して、 submit をクリック
 上記で設定した、メールアドレスにライセンスファイルが送られてくる

ライセンスマネージャー
 License Manager で、アクティベーション必要なサーバーを選択する
  無償のXenServerのアクティブ化
   アクティブ化キーの適用
   送られてきたライセンスファイルを選択する
   (※有効期限が1年延長される)
 閉じる


【ゲストOSのインストール】
※ゲストOSとして、windows7 professional x32 のインストール

左側ペインで追加したサーバを選択する
(※切断している場合は、接続する)

右クリックして、 新規VM を選択する

VMテンプレートの選択
 Windows7(32bit)
 次へ

新規仮想マシンの名前
 適切な名前を設定(※xen1-win7Px32と設定)
 次へ

オペレーティングシステムのインストールメディアの指定
 インストール元ISOライブラリまたはDVDドライブ にチェック
  (※windows7 professional x32 のisoイメージを XenServer上 のVMware Workstation 8 のドライブに設定)
 次へ

ホームサーバの選択
 ホームサーバを指定する にチェック
  (※上記手順で追加したxenserverが表示されている)
 次へ

プロセッサとメモリリソースの割り当て
 VCPUの数 ⇒ 適切に設定(※1)
 メモリ ⇒ 適切に設定(※2048)
 次へ

新規VMのストレージを設定してください
 プロパティ をクリックし以下を設定
  名前
  説明
  サイズ
  OK
 次へ

新規VMのネットワーク設定
 初期値のまま
 次へ

新規仮想マシンの作成の開始
 VMを自動的に起動する にチェック
 完了

新規仮想マシン名(※xen1-win7Px32)を選択して、コンソールタブをクリック

windows7 professional x32 のインストールの実施する

XenServer Toolsのインストール
 OSのインストール終了後に仮想マシン名(※xen1-win7Px32)を右クリックして
 XenServer Tools のインストール をクリックする
 しばらくすると、仮想マシン名上で自動再生されるので
 XenServer Tools のインストールを実施する
 



押し頂けるとありがたい
旅先でのパンク対応に
あとお水はいかがですか
XOOPS Cube PROJECT