Welcome Guest 
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新 あきら様のブログ
あきらのページ見るって事は暇しとんの?ブログ
ランキング参加用リンク
カウンター
累計:
本日:
昨日:

オラクル

サブカテゴリー

オラクル11gR2のインストール
【OSインストール】
CentOS 5.5のインストール
Next
Japanese
Next
日本語

(※警告がある場合→はい)
次(※初期値のまま→物理メモリが2GB、Swap領域が4GBだったので)
(※警告がある場合→はい)
次(※初期値のまま)
ネットワークデバイス設定は適時に設定

次(※初期値のまま)
rootパスワードは適時に設定

今すぐカスタマイズする を選択
 デスクトップ環境
  GNOMEデスクトップ環境
 アプリケーション
  エディタ
  グラフィカルインターネット
 開発
  開発ツール
  開発ライブラリ
 ベースシステム
  X Wnidow System
 言語
  日本語サポート



インストール開始

CentOS環境の設定(※rootユーザ、GNOME端末より)
【アップデート】
 #yum update
  (※プロキシサーバを利用している場合は、
    /etc/yum.confに書きを追加する
    proxy=http://proxy.test.com:8080/
   )
 
【不足パッケージのインストール】
 #yum install compat-libstdc++-33
 #yum install libaio-devel
 #yum install sysstat
 #yum install unixODBC
 #yum install unixODBC-devel
 #yum install pdksh
 
 【OSグループとユーザの作成】
 #groupadd oinstall
 #groupadd dba
 #useradd -g oinstall -G dba oracle
 #passwd oracle
  
【kernelパラメータの設定】
 kernelパラメータ要件
   semmsl = 250
   semmns = 32000
   semopm = 100
   semmni = 128
   shmall = 2097152
   shmmax = 物理メモリの半分か、4GB - 1byteの小さい方
   shmmni = 4096
   filemax = 6815744
   ip_local_port_range = 9000-65500
   rmem_default = 262144
   rmem_max = 4194304
   wmem_default = 262144
   wmem_max = 1048576
   aio-max-nr = 1048576
   
 #vi /etc/sysctl.conf
 (※最終行に以下を追加)
  kernel.sem = 250 32000 100 128
  fs.file-max = 6815744
  net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
  net.core.rmem_default = 262144
  net.core.rmem_max = 4194304
  net.core.wmem_default = 262144
  net.core.wmem_max = 1048576
  fs.aio-max-nr = 1048576
 ↓
 #sysctl -p

【oracleユーザに対するシェル制限の設定】
 #vi /etc/security/limits.conf
 (※最終行に以下を追加)
 oracle soft nproc 2047
 oracle hard nproc 16384
 oracle soft nofile 1024
 oracle hard nofile 65536

 #vi /etc/pam.d/login
 (※最終行に以下を追加)
session required pam_limits.so
 
 #vi /etc/profile
 (※最終行に以下を追加)
 if [ $USER = "oracle" ]; then
   if [ $SHELL = "/bin/ksh" ]; then
      ulimit -p 16384
      ulimit -n 65536
   else
      ulimit -u 16384 -n 65536
   fi
 fi

【Oracleベース・ディレクトリの設定】
 (※ORACLE_BASEディレクトリは、Oracleソフトウェアのインストール先のトップレベルのディレクトリのこと)
 # mkdir -p /opt/oracle/app
 # chown -R oracle:oinstall /opt/oracle
 # chmod -R 775 /opt/oracle/app

【データファイルディレクトリとリカバリファイルディレクトリの作成】
 # mkdir /opt/oracle/oradata
 # chown oracle:oinstall /opt/oracle/oradata
 # chmod 775 /opt/oracle/oradata
 # mkdir /opt/oracle/flash_recovery_area
 # chown oracle:oinstall /opt/oracle/flash_recovery_area
 # chmod 775 /opt/oracle/flash_recovery_area

【oracleユーザーの環境設定】
 #vi /home/oracle/.bash_profile
 (※最終行に以下を追加)
 umask 022
 export ORACLE_BASE=/opt/oracle/app
 
Oracle Database 11gインストール(※oracleユーザ、GNOME端末より)
 orcale11gインストールファイルをOTNからダウンロード
 【インストールファイルの解凍】
 $unzip linux_11gR2_database_1of2.zip
 $unzip linux_11gR2_database_2of2.zip
 
 【Oracle Universal Installerの起動】
 $database/runInstaller
 
 [セキュリティアップデートの構成]
 (※以下を適時設定。検証用なので、My Oracle Supportパスワードは、チェックなし)
 電子メール
 ↓
 [インストールオプションの設定]
 データベース・ソフトウェアのみインストール
 ↓
 [ノード選択]
 単一インスタンス・データベースのインストール
 ↓
 [製品言語の選択]
 日本語
 英語
 ↓
 [データベース・エディションの選択]
 Enterprise Edtion
 ↓
 [インストールの場所]
 (※初期値)
 /opt/oracle/app
 /opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1
 ↓
 [インベントリの作成]
 (※初期値)
 /opt/oracle/oralnventory
 oinstall
 ↓
 [権限付きオペレーティング・システム・グループ]
 (※初期値)
 dba
 oinstall
 ↓
 [前提条件チェックの事項]
 ↓
 [サマリー]
 終了
 ↓
 製品のインストールがはじまる

 ↓
 [構成スクリプトの実行]
 rootユーザで以下を実行
 #/opt/oracle/oralnventory/orainstRoot.sh
 #/opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1/root.sh
 ↓
 [終了]
 Oracle Database インストールが成功しました
 閉じる
 ↓
 [root.shスクリプトのバックアップ]
 rootユーザで以下を実行
 #cd /opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1/
 #cp -p root.sh root.sh.bak
 ↓
 [~/.bash_profileの設定]
 oracleユーザにて実施
 $vi .bash_profile
 最終行に以下を追加
  export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/11.2.0/dbhome_1
  export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
 設定を有効にするため以下を実行
  . ~/.bash_profike

ぅ螢好福爾寮瀋
 [Oracle Net Configuration Assistantの起動]
 oracleユーザにて以下を実行
 $netca
 ↓
 [ようこそ]
 リスナー構成 を選択
 ↓
 [リスナーの構成-リスナー]
 追加 を選択
 ↓
 [リスナーの構成-リスナー名]
 (※初期値を選択)
 LISTENER
 ↓
 [リスナーの構成-プロトコルの選択]
 (※初期値を選択)
 TCP
 ↓
 [リスナーの構成-TCP/IPプロトコル]
 (※初期値を選択)
 標準ポート番号の1521を使用
 ↓
 [リスナーの構成-リスナーを追加しますか]
 (※初期値を選択)
 いいえ
 ↓
 リスナーの構成が完了しました。
 ↓
 [ようこそ]
 完了
 
ゥ如璽織戞璽垢虜鄒
 [Database Configuration Assistantの起動]
 oracleユーザにて以下を実行
 $dbca
 ↓
 [ようこそ]
 ↓
 [ステップ1/12:操作]
 データベースの作成 を選択
 ↓
 [ステップ2/12:データベース・テンプレート]
 カスタムデータベース を選択
 ↓
 [ステップ3/12:データベース識別情報]
 グローバル・データベース名: orcl
 SID: orcl
 ↓
 [ステップ4/12:管理オプション]
 初期値のまま
 ↓
 [ステップ5/12:データベース資格証明]
 各ユーザのパスワードを設定
 ↓
 [ステップ6/12:データベース・ファイルの位置]
 記憶タイプ: ファイルシステム
 記憶域の場所: テンプレートのデータベース・ファイル位置を使用
 ↓
 [ステップ7/12:リカバリ構成]
 初期値のまま
 ↓
 [ステップ8/12:データベースコンテンツ]
 Enterprise Managerリポジトリ のみ選択
 (※それ以外は、チェックをはずす)
 ↓
 [ステップ9/11:初期化パラメータ]
 初期値のまま
 ↓
 [ステップ10/11:データベース追記憶]
 初期値のまま
 ↓
 [ステップ11/11:作成オプション]
 データベースの作成 を選択
 データベース作成スクリプトの生成 を選択
 完了
 ↓
 [確認]
 OK
 ↓
 [スクリプトの作成]
 OK
 ↓
 データベースが作成される
 ↓
 [データベースの作成が完了しました]
 スクリーンショットを取得する
 アプリケーション-アクセサリ-スクリーンショットの取得
 ↓
 終了
 
Database Controlへのアクセス
 Webブラウザから以下のURLへ接続
 https://ホストネーム:1158/em
 ↓
 Database Control ログイン
 ユーザー名 sys
 パスワード ******
 接続モード SYSDBA





※付録 要確認事項
・インストール中に発生する場合
 ORA-00922
 ORA-28000
 パスワードに英数字以外の特殊文字が含まれるとエラー表示されるらしい。

・[INS-20803]'Oracle Configuration Manager Configuration'という名前の
 オプションのツールが失敗しました、が発生する場合
 続行しますか。をはい(※オプションツールなので)
 
 
データベースの自動起動設定
/etc/oratab の設定
 # vi /etc/oratab
  orcl:/opt/oracle/app/product/バージョン/dbhome_1:N
  ↓以下のように Y に変更
  orcl:/opt/oracle/app/product/バージョン/dbhome_1:Y

oracleユーザーの環境設定
 # vi /home/oracle/.bash_profile
 (※最終行に以下を追加)
  export ORACLE_UNQNAME=orcl (※SID)
  export ORACLE_SID=orcl

oracleユーザで 以下のコマンドが正常に動作することを確認する
 $ lsnrctl start
 $ dbstart
 $ emctl start dbconsole
 ↓
 $ lsnrctl stop
 $ dbshut
 $ emctl stop dbconsole

dboraスクリプトの作成
 # vi /etc/rc.d/init.d/dbora
(※dboraの中身
  なお、改行に注意する)
--------------------------------------------------
#!/bin/sh
#
# chkconfig: - 99 10
# description: Oracle Database Server
# processname: ora_

SUBSYS=/var/lock/subsys/dbora
ORA_HOME=/opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1
ORA_OWNER=oracle

case "$1" in
'start')
  if [ -f $SUBSYS ]; then
    echo $0 already started.
    exit 1
  fi

  echo -n $"Starting Oracle Database:"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl start"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbstart"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/emctl start dbconsole"
  touch $SUBSYS
  ;;
'stop')
  if [ ! -f $SUBSYS ]; then
    echo $0 already stopped.
    exit 1
  fi

  echo -n $"Stopping Oracle Database:"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl stop"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbshut"
  su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/emctl stop dbconsole"
  rm -f $SUBSYS
  ;;
'restart')
  $0 stop
  $0 start
  ;;
'status')
  if [ -f $SUBSYS ]; then
    echo $0 started.
  else
    echo $0 stopped.
  fi
  ;;
*)
  echo "Usage: $0 [start|stop|status]"
  exit 1
esac

exit 0
--------------------------------------------------

ジ限の変更
 # chmod 755 /etc/rc.d/init.d/dbora
 
Φ動スクリプトの登録
 #chkconfig --add dbora
 #chkconfig dbora on
 #chkconfig --list dbora
 
OSの再起動でデータベースが自動起動することを確認する
 #shutdown -r now

押し頂けるとありがたい
旅先でのパンク対応に
あとお水はいかがですか
XOOPS Cube PROJECT